FPSにもMMOにも最適なマウス

オンラインゲームを始めたと同時に、ゲーミングマウスを購入するか迷う時があると思います。ただ、ゲーミングマウスは通常のマウスと比べると価格が高く、違いがわからなければ必要性を感じられず購入をためらっている人も多いと思います。

私自身、オンラインゲームを初めて約10年近く経ちます。しかし、そのうちの8年ほどは通常のマウスを使用していました。主にゲーミングマウスを使用する人はFPSユーザーに多く、私のようにMMOをメインにプレイしているユーザーにとっては、マウスはそこまで重要ではないと感じていると思います。

なぜFPSユーザーのほうが需要が高いのかと言うと、FPSはマウスでポインタを瞬時に正確な場所に移動させる事が重要だからです。ゲーミングマウスは通常のマウスと比べると重量の重いのが一般的なため、ポインタを止めやすくなるように作られています。

一方、MMOはTabキーで敵をロックオンしてからスキルキーで攻撃など、キーボード操作がメインになります。しかし、最近ではアクション性の高いゲームではノンターゲティングタイプのものが増えてきており、マウスでの操作の重要性が上がりました。

操作はFPSに似ているため、MMOユーザーにもゲーミングマウスを使用している人が増えてきています。私もそのうちの1人です。そこで、初めてゲーミングマウスを使う人におすすめのマウスを紹介したいと思います。

Mizar(マイザー)とAlcor(アルコー)の違い

日本人の手のひらのサイズに合いやすいと言われている、DHARMAPOINTブランドの「DRTCM37」「DRTCM38」と外観が似ているMizarとAlcor。初めて使用する人でも馴染みやすいということでおすすめしています。

スペックは以下にまとめました。

ワイヤード:ワイヤード(有線)
持ち手:右手用
ボタン:9ボタン
搭載センサー:(M)PixArt ImagingADNS-9800、(A)PixArt ImagingADNS-3090
最大トラッキング速度:(M)150IPS、(A)60IPS
最大加速度:(M)30G、(A)20G
画像処理能力:(M)10.8Mpixels、(A)5.8Mpixels
設定内容保存用フラッシュメモリ:内蔵(共通)
サイズ:68.0(W)×124.8(D)×40.2(H)mm
重量:約86g(共通)

他のゲーミングマウスと比べるとサイズが小さく、重量も軽くなっています。そのため、普通のマウスから乗り換えた際の違和感は感じにくくなっています。サイドボタンとホイール手前のボタンは上側に設置されているので押しやすいです。

2つのマウスの違いは、Mizarはレーザーセンサー搭載モデルで、左右側面に滑り止め用のラバーが貼られています。Alcorは光学センサー搭載モデルで滑り止め用ラバーはありません。そのため、Mizarが上位モデル、Alcorが下位モデルになっています。

人差し指と中指を置く部分はわずかに凹んでおり、自然とベストポジションに配置できる設計になっています。どちらも握った時のフィット感は安定しやすくなっていますが、滑り止めのラバーが貼られているMizarの方が握った時の安定感は上です。

Mizarのセンサー性能はぶれが少なく優秀!

MizarとAlcorに搭載されたセンサーは、どちらもDRTCM37&38に搭載されていたものと同じです。マウスの読み取り性能テストでは、厚さの異なるステンレスプレートでのカーソルの反応をテストしています。

テスト結果では、Mizarのターゲット距離がほぼ1mm以下と、2mm以下が合格ラインと言われているゲーミングマウスの中でも優秀だと言えます。左右にマウスポイントを動かす計測では、Mizarは直線部分が少しブレた部分がありますが比較的安定した数値がでました。ただ、設定を1600DPIにすることでこのブレを解消することが出来ます。

一方、Alcorは全大的にブレが大きく、設定を1600DPIに変更してもブレが目立ちました。初めてゲーミングマウスを購入するなら迷わずMizarを選ぶべきと言えます。また、DRTCM37&38が買い換える場合でも、価値があるマウスになっているのでおすすめです。ゲーミングマウスが決まったら次はパソコンです。ハイスペックなデスクトップが欲しいならゲーム用PCおすすめ.netを参考にしましょう。

Comments are Closed on this Post.